読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男子大学生の今時ファッション講座

ファッションを愛する男子、これからモテたいと思っている男子のためのブログ

いつものコーディネートに「色」を取り入れて春らしさアップ!

皆さんは普段どんな服を着ていますか?

 

私は、1年のうちほとんどを、黒、グレー、白だけで生きています(笑)

 

しかし、

そんな私でも春は「色」を取り入れるべきだと考えています。

 

なぜなら、春は出会いの季節と言われるように、たくさんの出会いがあります。

 

そんなときに、暗い色の服ばかりを着ていたらどう思われるでしょうか?

、、、変な人だと思われます。地味な人だと思われます。

こんな感じです。

 

ですので、春はいつもの自分に少しでもいいので「色」を取り入れてコーディネートのアクセントにしましょう。

 

f:id:nmzun:20170320001554j:plain

 

どんな色が良いの?

まず、春らしい色とは何色か?という疑問です。

 

どんな色を使うかは非常に重要なポイントです。ここを間違うと季節感がおかしくなってしまいます。

 

おすすめは、青、緑、黄、赤、ピンクなどで、どれを選ぶ場合でも淡い色合いのものを選ぶようにしましょう。

 

青であれば空とか海を連想するような色、緑は自然をイメージするような色を選びましょう。

黄色はマスタードっぽいものを選んでしまうと秋とか冬っぽい印象になってしまうので、明るめの色を選びましょう。

他の色を選ぶ場合でも、主張の強すぎる感じの色は避けるようにしましょう。

 

あまり目立ちすぎるような色は人からよく思われません。

 

色の取り入れ方

次に、この色たちをどのようにしてコーディネートに取り入れるかです。

 

春に使うような明るい色は、あくまでアクセントというか、いつものコーディネートを引き立たせるような取り入れ方をしましょう。

 

具体的に言うと、色をメインに持ってくることはおすすめできません。

 

おすすめはインナーシューズ小物などです。

 

明るい色のインナーに黒のアウターを合わせたり、モノトーンで統一したコーディネートに赤などの鮮やかな色のシューズを合わせることによって、いつものコーディネートに変化を付けることができます。

 

また、キャップやニット帽、腕時計、ソックスなどの小物に色を取り入れてもいいかもしれません。特にいつもキレイめのファッションが多い人は、うまくカジュアルな要素を追加できるので、近寄りやすくなります。

 

抵抗がある方は、まず小物から色を取り入れてみるのが良いです。

慣れてきたらインナーやシューズにも挑戦してみましょう。

 

難点もあります

色を取り入れることには難点もあります。

 

皆さんの中には、服を買うときに「使い回しが効くか」を重視している方も多いのではないでしょうか?

 

私もその点はかなり重視しています。

 

単刀直入に言うと、色のあるアイテムは使い回しがあまり効きません。

 

例えば、モノトーン系の色であれば、赤を取り入れることもできるし、青を取り入れることもできます。

その他にも、緑、黄、ピンクなども取り入れることができます。

 

しかし、赤のアイテムには青のアイテムを合わせるべきではないし、その他にも色と色を組み合わせるのはかなり難しいです。

 

ですので、結果的には使う場面が限られてしまいます。

 

まとめ

使い回しが効かないという難点もありましたが、それでも私は春は「色」を取り入れるべきであると考えています。

 

使い回しが効かないというのは、自分だけの問題であって、他の人からしたらどうでもいい話です。

 

ですので、皆さんには、春だけでも色を取り入れたコーディネートに挑戦していただきたいと考えてます。